PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

突然の体調の異変



2010年6月28日

それは、その年初めてエアコンを始動した日のことだった。
前日から、あーちんが水を多量摂取しており、多量におしっこ。
しかもハミション率100%。この時点では暑さによるものだと思ってた。

だんだん、お腹もゆるゆるになってきて、嘔吐と下痢を繰り返した。
夕食時、ガッツキ命のあーちんが、初めて食が進まず、
時間をかけて食べたものの、すべて嘔吐。

息遣いも荒く、足元もふらふらで、意識も朦朧としている感じだったけど、
数回に分けて、全部吐いたら、少し楽になった様子。
相変わらず水を多量摂取する。

2010年6月29日

食欲無し。朝一番で動物病院で診てもらったところ、
"かなり深刻な肝疾患である”と告げられた。

5.1kg→5.9kgの急激な体重増加。
しかし、太っているのではなく、背骨がゴツゴツして痩せている。
エコーとレントゲン検査で腹水が溜まっているのを確認。
血液検査で低蛋白血症と診断。
肝臓の機能が正常に働いてないため、大学病院へ予約を入れる。
今日のところは皮下点滴と吐き気止めで食事抜き。

肝機能低下→蛋白が作れない→腹水(透明)溜まる→肺が圧迫されて呼吸困難。
目も真っ赤で息が荒い。CRP値高く、オシッコの色がとても濃い。
至極しんどいはずなのに、家族に苦しい姿を見せないよう、心配させないように、
隠れた場所で凌ぐあーちん。どこまで健気なんだろう。
私はいつだって覚悟はできているのだから、辛い時は甘えてくれればいいのに。

| NATURA CLASSICA | 13:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://xxxchulipxxx.blog31.fc2.com/tb.php/143-43885dd5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。